« テレビが人気を加速させたグループサウンズ(上)著者・鈴木清美 | トップページ | テレビが人気を加速させたグループサウンズ(中)著者・鈴木清美 »

「僕らのモバイル音楽大賞」は7回目を迎えた

今年(2013年)も、昭和の青春ポップスが主催する「僕らのモバイル音楽大賞」を12月4日に発表した。
大賞には、千賀かほる「真夜中のギター」(作詞・吉岡治、作曲・河村利夫)、特別賞には、高田みづえ「硝子坂」(作詞・島武実、作曲・宇崎竜童)と、堀ちえみ「リ・ボ・ン」(作詞・三浦徳子、作曲・松田良)の2曲を選んだ。
いずれも、当サイトではユーザーから根強い支持を得ての受賞だ。
とくに大賞曲「真夜中のギター」は、1969年の発売から40年以上が経つが、これまで実に多くの歌手にカバーされてきた。そして、音楽配信は今年が解禁年だった。
さて、この賞は「ケータイやモバイルから往年のアーティストや名曲を再発掘し、また、リバイバル曲や埋もれた曲を再び世に送り出し、世代を超えて愛され親しまれる楽曲を称えること」を目的に設立。
〜過去の名曲、リバイバル曲に賞があってもいいじゃないか〜そんな思いから作ったのですが、早いもので7回目を迎えました。
今回もまた、原盤をお持ちのレコード会社、プロダクションに、ささやかながら賞状と盾をお渡しに伺いました。
賞の意図をご理解くださってのことか、ご担当の皆様には大変喜んでいただき光栄です。
継続はチカラなりと云います。これからも出来る限り続けて、過去にあった素晴らしい歌に、楽曲に、賞を贈っていきたいと願っています。
最後に、関係各位の皆様、ユーザーの皆様、今年も大変お世話になり有難うございました。
少し早いですが、良いお年をお迎えください。また来年もよろしくお願い致します。

昭和の青春ポップス編集部 川原和博

昭和の青春ポップスはこちら

ポチッをよろしくネ!

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

|

« テレビが人気を加速させたグループサウンズ(上)著者・鈴木清美 | トップページ | テレビが人気を加速させたグループサウンズ(中)著者・鈴木清美 »

僕らのモバイル音楽大賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「僕らのモバイル音楽大賞」は7回目を迎えた:

« テレビが人気を加速させたグループサウンズ(上)著者・鈴木清美 | トップページ | テレビが人気を加速させたグループサウンズ(中)著者・鈴木清美 »