« ラジオが生んだヒット曲(上) | トップページ | 「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」「恋をするなら」…。都会派歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広いジャンルで国民の支持を得た作曲家、吉田正。著・野口義修 »

昭和の作詞・作曲家列伝。ハワイアンのバンドリーダーから作曲家に転身したハマクラこと浜口庫之助。

さて、今回は、作曲家の浜口庫之助さんをご紹介します。
浜口庫之助さん(1917年7月22日-1990年12月2日)は、兵庫県神戸市出身で、日本歌謡史において、専業作家でありながら作詞も作曲もこなすという特異な存在として大ヒットを飛ばしまくっていました。
現在は、アーティストといって詞もメロディーもこなす自作自演のシンガーソングライターは当たり前です。しかし、昭和30年代までの歌謡界では、作詞家も作曲家も基本的にはレコード会社の専属契約で、それぞれ分業が当たり前でした。共に、プロを名乗れるのは、よほどの才能であったという訳です。

浜口庫之助さんは、そのダンディーで親しみやすい雰囲気からハマクラさんと呼ばれていました。ボクも、敬意を表しながらハマクラさんと呼ばせて頂きます。
ハマクラさんは、裕福な家庭で何不自由なく生まれ育って、幼少の頃から楽器や音楽に親しみ、5才ですでに楽譜も読めたそうです。
親は、当然、末は東大!!と期待を寄せていたに違いありませんが、実際は、音楽の方にのめり込み、早稲田大学に入学するも、中退して音楽の道に進みます。当時は、ジャズのムーブメントが日本にも押し寄せてきた時代です。ハマクラさんもジャズ、ラテン、ハワイアン……という洋楽の道をまっしぐらだったようです。
戦後、1953年から3年間、ハマクラさんは自身のハワイアンバンド「浜口庫之助とアフロ・クバーノ」として紅白歌合戦に出場しているのですから、ミュージシャン・ハマクラとしても、この時点で大成功を収めていたわけです。

しかし、転機が訪れます。
1957年、ハマクラさんは、新宿コマ劇場で西インド諸島の舞踊団の公演を観ました。その舞踊団の長老が「郷土の芸術をお見せできるのは光栄なこと」と挨拶したのを聞き、ガーンと来たのでした。
彼がプロとしてやってきたのは、ジャズでありハワイアンであり……全ては海外の音楽の受け売りでした。
当時、ハマクラさんのバンドでアメリカ公演の話もあったそうですが、その際にアメリカの聴衆に向って「みなさんの真似をしに来ました」って言うのだろうか?と自問自答し、ハマクラさんは、これまでの演奏の仕事を全てキャンセル、バンドも解散し、貧乏生活を覚悟し、日本のオリジナルの歌を作る為に作曲家・作詞家の道を歩みはじめたのです。
ハマクラさん、40才の頃でした。家族(子ども二人に奥さん)をアパートに住まわせ、自分は倉庫番をしている友人の所に転がり込み、良い歌を作りたい!日本の歌を作りたい一心で作詞・作曲を追求したのです。
出来上がったのが、「黄色いさくらんぼ」(歌:スリーキャッツ)。ハマクラさんの作曲家としてのデビュー作になりました(作詞は星野哲郎さん)。
モダンで、可愛らしく、どこか異国情緒がある名曲です。その後も、ゴールデン・ハーフなど多くのシンガーにカバーされました。
この異国情緒というキーワードこそ、ハマクラ歌謡を読み解く鍵かも知れません。
日本の歌を作りたいと決心したハマクラさんが、異国情緒です!!
日本人の心の奥底にある、異国に対する“そこはかとないあこがれの気持ち”をメロディーに置き換えたのかも知れません。新しいものやタイムリーな話題、つまり一般人の心をワクワクさせたり、共感できたりするテーマを敏感に捉えるのもハマクラさんの得意技でした。

次に、ハマクラさん作詞作曲で発表した「僕は泣いちっち」(歌:守屋浩)は、まさに時代を切り取った名曲でした。
彼女が、東京へ行ってしまって寂しい! だからボクも東京へ行きたい!って内容の歌でしたが、実は、この曲がヒットした1959年は、地方から集団就職で若者達がドンドン東京へやってくる時代(1958~59年を舞台にした映画『ALWAYS三丁目の夕日』にも、青森から集団就職で上京した、ろくちゃんが登場していましたね)だったのです。まさに、「僕は泣いちっち」は、そういった時代背景があっての大ヒットでした。
それから、時代はフォークソングであると感じると、フォークシンガーのマイク真木に「バラが咲いた」を歌わせました(1966年)。
この頃は、アメリカからやってきた学生フォークのムーブメントが盛り上がっていたのです。
バラが咲いて・散ってという歌詞の流れに、アメリカン・フォークの代表曲である「花はどこへ行った」「七つの水仙」などのエッセンスをさりげなく盛込む感性は、まさにハマクラさんならではの、時代の感覚を切り取ったものでした。

そして、その後、世の中はGS(グループサウンズ)のブームになるのですが、やはり、ハマクラさんは、GSのトップ・バンドであるスパイダーズに「夕陽が泣いている」「風が泣いている」という大ヒット作品を書いています。時代を先駆けるハマクラさんが、スパイダーズに提供したのは、実に異国情緒たっぷりのメロディーを持ったナンバ―でした。
時代を見極める力と異国情緒!の感性でハマクラさんは、ヒットを飛ばしまくりました。

涙くんさよなら(歌:ジョニー・ティロットソン、坂本九)、愛して愛して愛しちゃったのよ(歌:田代美代子・和田弘とマヒナスターズ)(1965年)、星のフラメンコ(歌:西郷輝彦)(1966年)、夜霧よ今夜も有難う(歌:石原裕次郎)(1967年)、空に太陽がある限り(歌:にしきのあきら)(1971年)、人生いろいろ(歌:島倉千代子)(1987年)……名曲ばかりです。
僕が大好きなのは、作曲を担当した「恋の山手線」(小林旭)、「愛のさざなみ」(島倉千代子)。詞曲担当の「みんな夢の中」。メロディーの粋(いき)を知り尽くした音楽家でした。

1990年12月2日、ハマクラさんは、喉頭ガンの為に逝去(73歳没)されました。晩年、叙勲の話があったそうですが、「ヒット曲が大衆からの賞だ」と固辞しました。死後に見つかったノートには「芸術家は肩書をもったときに死ぬ」とあったそうです。

最後になりますが、1988年、亡くなる2年前に、NHK「おかあさんといっしょ」今月の歌(9月)で遺作に近い作品と思われますが「はしれ はしれ」を発表されています。子供心を忘れないハマクラさんの傑作! 実に軽快で楽しい童謡でした。
実は、その翌月、10月の歌が、ボクがつくった「そーっと・そっと」だったのです。敬愛して止まなかったハマクラさんと並んで、自分の作品が世に発表されたのは、自分にとっても、大きな大きな勲章となりました!!当サイトで、ぜひ ハマクラ・メロディーを存分にお楽しみください。

著者・野口義修

 昭和の青春ポップスはこちら

ポチッをよろしくネ!

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

|

« ラジオが生んだヒット曲(上) | トップページ | 「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」「恋をするなら」…。都会派歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広いジャンルで国民の支持を得た作曲家、吉田正。著・野口義修 »

昭和の作詞・作曲家列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の作詞・作曲家列伝。ハワイアンのバンドリーダーから作曲家に転身したハマクラこと浜口庫之助。:

« ラジオが生んだヒット曲(上) | トップページ | 「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」「恋をするなら」…。都会派歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広いジャンルで国民の支持を得た作曲家、吉田正。著・野口義修 »