« 「もはや戦後ではない」神武景気にわき、三種の神器といわれた冷蔵庫、洗濯機、テレビが量産化された昭和31年は…。 | トップページ | ラジオが生んだヒット曲(上) »

巨人軍の王貞治選手がホームラン世界記録756号を達成した昭和52年。

この年は、巨人軍の王貞治がホームラン世界記録756号を達成し、初の国民栄誉賞に輝いた。

競馬界では、暮れの有馬記念でテンポイントが前年の覇者トウショウボーイを破り優勝、屈辱をはたす。

戦後、アメリカに接収された東京・立川基地が返還、跡地の一部はのちに昭和記念公園となり都民の憩いの場に。

また、ロックンロールの帝王、エルヴィス・プレスリーが42歳で死去。

世代交代するかのように、アメリカのビジュアル系ロックバンド、KISSが初来日しコンサート動員10万人を記録。

映画では、シルベスター・スタローン主演の「ロッキー」が大ヒット。

邦画では、高倉健主演の「八甲田山」や「幸福の黄色いハンカチ」が人気を呼び、松田優作主演「人間の証明」、荻原健一主演「八つ墓村」が話題となる。

アニメ映画では「宇宙戦艦ヤマト」が初上映。

テレビでは、NET(日本教育テレビ)がテレビ朝日と改称し、同局で2時間ドラマの先駆けとなる「土曜ワイド劇場」が始まる。

また、超大型バラエティクイズ番組の「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日本テレビ系)がスタートし、NHK朝の連続ドラマ「風見鶏」が人気を博した。

アニメでは「ヤッターマン」(フジテレビ系)が人気番組に。

歌謡界では、ピンク・レディーが「渚のシンドバッド」、「ウォンテッド」、「UFO」と立て続けにミリオンセラーを出しピンク旋風を巻き起こす。

また、キャンディーズが引退を宣言。

この年のヒット曲は、レコード大賞を受賞した沢田研二「勝手にしやがれ」をはじめ、森田公一とトップギャラン「青春時代」、小林旭「昔の名前で出ています」、さだまさし「雨やどり」、清水健太郎「失恋レストラン」、ハイ・ファイ・セット「フィーリング」、中島みゆき「わかれうた」などである。

デビューしたアーティストは、松山千春、長渕剛、原田真二、世良公則、アイドルでは榊原郁恵。

洋楽では、アバの「ダンシング・クィーン」が大ヒット。

カラオケがスナックや飲食店などに普及しだしたカラオケ元年の年でもあった。

 昭和の青春ポップスはこちら

ポチッをよろしくネ!

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

|

« 「もはや戦後ではない」神武景気にわき、三種の神器といわれた冷蔵庫、洗濯機、テレビが量産化された昭和31年は…。 | トップページ | ラジオが生んだヒット曲(上) »

昭和史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨人軍の王貞治選手がホームラン世界記録756号を達成した昭和52年。:

« 「もはや戦後ではない」神武景気にわき、三種の神器といわれた冷蔵庫、洗濯機、テレビが量産化された昭和31年は…。 | トップページ | ラジオが生んだヒット曲(上) »