« ポケベルが鳴ったら公衆電話を探さないと!~「ポケベルが鳴らなくて」国武万里~ | トップページ | 町のレコード店が消えていく…音楽が無料に…? »

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ1作目の時代設定であった昭和33年のヒット曲と出来事。

この年の2月に東京・日劇で第1回ウエスタンカーニバルが開催された。

平尾昌晃、ミッキー・カーチス、山下敬二郎の3人をはじめとする歌手に熱狂的ファンが続出、ロカビリーが大ブームとなる。

9月には、エルヴィスを凌ぐ人気ともいわれたポール・アンカが初来日。

野球界では、巨人の長嶋茂雄が国鉄(当時)のエース、金田正一に4打席4三振をくらう屈辱のデビュー戦で初登場。

鉄道では、寝台特急「ブルートレイン」や東海道線の特急「こだま」が運行開始。
「こだま」は、6年後の新幹線開通まで東京~大阪間を6時間50分で結ぶビジネス特急として活躍した。

また、戦後アメリカに接収されていた羽田空港や大阪空港が全面返還され、航路、鉄道のインフラ整備がこの時代から急速に進んでいく。

そして、大衆軽自動車も発売され車社会の到来を予感させ。

話題やヒット商品としては、腰を回して遊ぶフラフープが流行り、野球盤ゲームが発売。

さらに、この年に初めてアサヒビールから缶ビールが発売され、日清からチキンラーメンが発売された。
即席、インスタント食品時代の幕開けである。

売春防止法の施行や国民健康保険法が公布されたのもこの年であった。

テレビ番組では、音楽バラエティー番組の草分けで草笛光子主演の「光子の窓」(日本テレビ系)や玉置宏司会による歌謡番組「ロッテ歌のアルバム」(TBS系)がスタートする。

そして、フランキー堺主演の反戦ドラマ「私は貝になりたい」(TBS系)、ホームドラマ「バス通り裏」(NHK)などが話題となる。

子供向けでは、大瀬康一主演の「月光仮面」(TBS系)が人気番組となった。

映画界では「陽のあたる坂道」や「風速40米」などに出演した日活の石原裕次郎が大人気に。

また、森繁久弥主演の東宝・喜劇映画、駅前シリーズ第一作の「駅前旅館」が封切された。

単行本では、五味川純平「人間の條件」や井上靖「氷壁」などがベストセラーに。

ヒット曲としては、前述のロカビリー3人男がカバーした「ダイアナ」や小坂一也の「監獄ロック」をはじめ、平尾昌章(現昌晃)「星は何でも知っている」、石原裕次郎「嵐を呼ぶ男」、フランク永井「有楽町で逢いましょう」、若原一郎「おーい中村君」、島倉千代子「からたち日記」などが挙げられる。

昭和33年は、狩野川台風による災害や南海丸沈没、全日空飛行機墜落など悲惨な事故も相次いだが、1万円札の発行(初代は聖徳太子)や東京タワーの完成など、高度経済成長に向かって明るい希望に満ちた時代でもあった。

 昭和の青春ポップスはこちら

ポチッをよろしくネ!

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

|

« ポケベルが鳴ったら公衆電話を探さないと!~「ポケベルが鳴らなくて」国武万里~ | トップページ | 町のレコード店が消えていく…音楽が無料に…? »

昭和史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ1作目の時代設定であった昭和33年のヒット曲と出来事。:

« ポケベルが鳴ったら公衆電話を探さないと!~「ポケベルが鳴らなくて」国武万里~ | トップページ | 町のレコード店が消えていく…音楽が無料に…? »