« 「ウイスキーが、お好きでしょ」~さすがです、石川さゆりの歌唱力。 | トップページ | 郷ひろみの「哀愁のカサブランカ」のオリジナル!「カサブランカ」バーティ・ヒギンズ »

異国情緒たっぷり(^・^) 「北京で朝食を」佐藤隆

1980年、29歳でデビューした佐藤隆のデビュー・シングル「北京で朝食を」。

傷心旅行で北京を旅する男の物語。

作詞は松本隆、作曲は本人ということで、W隆の作品。

彼にとってこの曲が日本語にメロディをつけた初めての曲とのことで、完成形になるまでかなり苦労をして一ヶ月あまりかかったとか。

海外ロックから音楽に入ってくると、英語と日本語のギャップは大きいのでしょうね。

なんせ当時のキャッチコピーが「最後のビートルズ・エイジ」ですから。

そしてその後は皆さんも御存知のとおり、1984年には高橋真梨子へ提供した「桃色吐息」や本人のソロ「マイ・クラシック」が大ヒットして一挙にブレイク。

いずれもエキゾチックでアジアっぽいテイストが日本語にぴったりとはまっている曲。

ということはもう今は日本語にメロディをのせるのはバッチリということですよね、きっと(*^_^*)

|

« 「ウイスキーが、お好きでしょ」~さすがです、石川さゆりの歌唱力。 | トップページ | 郷ひろみの「哀愁のカサブランカ」のオリジナル!「カサブランカ」バーティ・ヒギンズ »

あんな歌、こんな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異国情緒たっぷり(^・^) 「北京で朝食を」佐藤隆:

« 「ウイスキーが、お好きでしょ」~さすがです、石川さゆりの歌唱力。 | トップページ | 郷ひろみの「哀愁のカサブランカ」のオリジナル!「カサブランカ」バーティ・ヒギンズ »