« 「想い出迷子」~チョー・ヨンピルの実力がうかがわれる曲! | トップページ | これは実体験の歌なんです!「オー・キャロル」ニール・セダカ »

オリジナルはなんと、シュープリームス!

アート・ロックやプログレッシブ・ロックが大人気だった1967年に大ヒットした「キープ・ミー・ハンギング・オン/バニラ・ファッジ」。

ミディアム・スローなテンポと重厚なリズムのかっこいいロック・ナンバーだ。

ところがこの曲は実はモータウンの数々のヒット曲を生み出したホーランド/ドジャー/ホーランドチームによる作品で、前年の1966年にシュープリームスがリリースしたものがオリジナル。

サウンドもアレンジもガラッと変わっているので同じ曲とは思えないくらい印象が違う。

さらに、シュープリームスは3分程度の長さに対し、バニラ・ファッジの本来の作品は7分にも及ぶ大作となっているからびっくり。

あの当時のロックって、結構長い曲が多かったですね。

みなさんも機会があったら是非聞き比べてみてください。

敬称略
鈴木正彦

昭和の青春ポップスはこちら

|

« 「想い出迷子」~チョー・ヨンピルの実力がうかがわれる曲! | トップページ | これは実体験の歌なんです!「オー・キャロル」ニール・セダカ »

あんな歌、こんな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルはなんと、シュープリームス!:

« 「想い出迷子」~チョー・ヨンピルの実力がうかがわれる曲! | トップページ | これは実体験の歌なんです!「オー・キャロル」ニール・セダカ »