« 3億円強奪事件があった昭和43年は、こんな年だった…。 | トップページ | 最高視聴率60%を超えた国民的テレビドラマ「おしん」が放送された昭和58年…。 »

渋谷系サウンドの火付け曲!

小沢健二小山田圭吾の2人によるFLIPPER'S GUITARの2ndシングル「恋とマシンガン」(1990年)。

まさに渋谷系サウンドが大ブレイクしたきっかけになった曲です。

インテリ、オシャレ、サブカル、若者といったキーワードで語られたこの音楽シーンは、当時の最新の洋楽志向をJ-POP界にもたらして、同じテイストのピチカート・ファイブオリジナル・ラブを含め多くのアーティストが注目されました。

そしてこの曲はいきなりダバダバ・スキャットから入って、スムース・ジャズっぽい雰囲気満々の演奏とアレンジ、そして肩の力を抜いたヴォーカルと、今聞いても古さを感じさせないナウイ曲です。

当時ドラマ「予備校ブギ」の主題歌にも使われていましたが、今でもちょくちょくCMで耳にしますね。

作詞、作曲は2人のユニット「Duoble K.O.Corp」名義になっていますが、オザケンのペンによる曲のようです。

敬称略
鈴木正彦

昭和の青春ポップスはこちら

|

« 3億円強奪事件があった昭和43年は、こんな年だった…。 | トップページ | 最高視聴率60%を超えた国民的テレビドラマ「おしん」が放送された昭和58年…。 »

あんな歌、こんな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷系サウンドの火付け曲!:

« 3億円強奪事件があった昭和43年は、こんな年だった…。 | トップページ | 最高視聴率60%を超えた国民的テレビドラマ「おしん」が放送された昭和58年…。 »