« インベーダー・ゲームが流行り、街中の喫茶店にはゲーム機があった昭和54年は… | トップページ | 山口百恵が芸能界を引退、ジョン・レノンが銃に撃たれ死亡した昭和55年は、こんな年だった… »

実は純粋なラブソング(!?)

人気アニメ「キテレツ大百科」でお馴染みの「はじめてのチュウ」。

フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」を彷彿するようなエフェクト・ヴォイスが印象的な曲。

実は作詞、作曲を手がけた実川俊晴本人が「あんしんパパ」として歌っているのです。

しかし単純にヴォイス・チェンジャーを使うだけではここまで可愛らしい感じはでないようです。

録音時にテープ・スピードを半分にしてゆっくり歌い、再生時に通常のスピードで再生するという方法が基本らしいのですが、プラス・アルファの部分は企業秘密ということで公開していません。

それにしても可愛らしい歌詞とメロディ、さらには微妙なビブラートがせつない恋心を表現していて胸を打つ純粋なラブ・ソングですよね。

というのも実は、もともとハツカネズミなどを主人公にした恋のストーリーをイメージして作った曲で、チュウとはネズミとキッスをかけているようです。

敬称略
鈴木正彦

昭和の青春ポップスはこちら

|

« インベーダー・ゲームが流行り、街中の喫茶店にはゲーム機があった昭和54年は… | トップページ | 山口百恵が芸能界を引退、ジョン・レノンが銃に撃たれ死亡した昭和55年は、こんな年だった… »

あんな歌、こんな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実は純粋なラブソング(!?):

« インベーダー・ゲームが流行り、街中の喫茶店にはゲーム機があった昭和54年は… | トップページ | 山口百恵が芸能界を引退、ジョン・レノンが銃に撃たれ死亡した昭和55年は、こんな年だった… »