« つい右手で握りこぶしを作ってしまう・・・ | トップページ | ハワイの青い空と海が浮かびますね。 »

成田に新国際空港が開港し、キャンディーズが解散した昭和53年は…。

日本の新しい空の玄関、新東京国際空港が千葉県成田に開港。

また、日本一(当時)の高層ビル、池袋サンシャイン60(高さ240m)がオープン。

プロ野球では、広岡監督率いるヤクルトスワローズがセ・リーグ初優勝、日本シリーズも制覇した。

一方、江川卓の巨人入団をめぐる「空白の一日」事件が注目を集めた。

映画界では、日本アカデミー賞が創設され、第1回作品賞に山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」(主演・高倉健)が選ばれた。

そして、「さらば宇宙戦艦ヤマト」がアニメ映画史上空前の大ヒットとなる。

洋画では、「スター・ウォーズ」、「未知との遭遇」、「007私を愛したスパイ」などがヒットした。

テレビ番組では、初の24時間チャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」が日本テレビ系で放映。

音楽番組では、黒柳徹子と久米宏の司会による「ザ・ベストテン」(TBS系)がスタート。

ドラマでは、松平健主演の「暴れん坊将軍」(テレビ朝日系)が始まり長寿番組となる。

また、堺正章、夏目雅子共演の「西遊記」(日本テレビ系)が人気を得て、同ドラマの主題歌「ガンダーラ」をゴダイゴが歌い大ヒット。

音楽業界では、人気アイドルグループ、キャンディーズが解散。

昭和を代表する大御所作曲家、古賀政男が逝去した。

この年の日本レコード大賞は、ピンクレディーの「UFO」が獲得。

ピンクレディーは「UFO」のほか「サウスポー」や「モンスター」もミリオンセラーとなる。

ヒット曲としては他に、堀内孝雄「君のひとみは10000ボルト」、キャンディーズ「微笑がえし」、平尾正晃・畑中葉子「カナダからの手紙」、サーカス「Mr.サマータイム」、矢沢永吉「時間よ止まれ」、中島みゆき「わかれうた」、山口百恵「プレイバックPart2」、沢田研二「ダーリング」、松山千春「季節の中で」など。

また、ディスコブームを反映し、西ドイツ出身の女性グループ、アラベスクが「ハロー・ミスター・モンキー」で日本デビュー。

そして、ジョン・トラボルタ主演映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の挿入歌「恋のナイト・フィーバー」(ビージーズ)がヒットした。

細野晴臣がYMOを結成し、サザンオールスターズがデビューしたのもこの年である。

昭和の青春ポップスはこちら

|

« つい右手で握りこぶしを作ってしまう・・・ | トップページ | ハワイの青い空と海が浮かびますね。 »

昭和史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田に新国際空港が開港し、キャンディーズが解散した昭和53年は…。:

« つい右手で握りこぶしを作ってしまう・・・ | トップページ | ハワイの青い空と海が浮かびますね。 »