« 歌が大ヒットして映画化「銀座の恋の物語」。映画が大ヒットしてレコード化「嵐を呼ぶ男」。 | トップページ | アポロ11号が月に着陸し、「oh!モウレツ」が流行った昭和44年はこんな年だった… »

ビリーバンバンの可愛らしい曲です。

1969年にデビューして以来今でも現役バリバリで活動しているビリーバンバン

陽気で饒舌な兄、菅原孝と寡黙でクールな弟、菅原進の2人は、他の追随を許さない個性的なユニット。

特に優しく繊細なヴォーカルとハーモニーは今も変わらない魅力。

そして彼らが発表した数ある楽曲中でもとりわけ可愛らしい曲がこの「れんげ草」。

あの大ヒット曲「さよならをするために」に続いて1972年に発売され、作詞&作曲は安東久

前作の大人の恋愛の世界から一転してほのぼのとした純朴な若い2人の愛を歌っている。

どちらかというと、タイトル同様心の中にそっと大事にしておきたい作品。

そういえばここ最近れんげ草ってあまり目にしてないような・・・。

敬称略
鈴木正彦

note昭和の青春ポップスはこちら

|

« 歌が大ヒットして映画化「銀座の恋の物語」。映画が大ヒットしてレコード化「嵐を呼ぶ男」。 | トップページ | アポロ11号が月に着陸し、「oh!モウレツ」が流行った昭和44年はこんな年だった… »

あんな歌、こんな歌」カテゴリの記事

コメント

ビリーバンバン、いいですね。 安東俊幸

投稿: 安東俊幸 | 2012年7月 7日 (土) 16時43分

ビリーバンバンのお二人はまだまだ現役で活躍されています。
機会があればライブにも足を運ばれてみるのもいいもんですよ(#^.^#)。

投稿: 昭和の青春ポップス編集部 | 2012年7月 9日 (月) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253110/45577056

この記事へのトラックバック一覧です: ビリーバンバンの可愛らしい曲です。:

« 歌が大ヒットして映画化「銀座の恋の物語」。映画が大ヒットしてレコード化「嵐を呼ぶ男」。 | トップページ | アポロ11号が月に着陸し、「oh!モウレツ」が流行った昭和44年はこんな年だった… »