« ロッキード事件が発覚し、「記憶にございません」が流行語になった昭和51年はこんな年…。 | トップページ | 歌が大ヒットして映画化「銀座の恋の物語」。映画が大ヒットしてレコード化「嵐を呼ぶ男」。 »

N.S.Pの大ヒット曲。舞台は磐井川の堤防…

叙情派フォークの代表バンド「N.S.P」。

彼らの最大のヒット曲が1974年発売の「夕暮れ時はさびしそう」。

この曲からメジャーの仲間入りを果たし、TVなんかにもよく出演するようになった。

作詞/作曲は今は亡き天野滋。

もともと岩手県一関市出身ということもあって、一関磐井川の堤防がこの曲の舞台ということ。

初々しいカップルのデートの様子が語られるこの歌詞は、青春の甘酸っぱさがたっぷりつまっている。

2002年に3人で再結成してこれからという矢先の天野さんの訃報は本当に残念!

しかし最近は、昔からの仲良しだった元ふきのとうの細坪基佳、N.S.Pの中村貴之、平賀和人の3人で「スリーハンサムズ」を結成し、N.S.Pの曲とかを演奏している模様。

N.S.Pを聞きながら青春時代を送った方々は是非ライブに一度足を運ばれてみては?

敬称略
鈴木正彦

昭和の青春ポップスはこちら

|

« ロッキード事件が発覚し、「記憶にございません」が流行語になった昭和51年はこんな年…。 | トップページ | 歌が大ヒットして映画化「銀座の恋の物語」。映画が大ヒットしてレコード化「嵐を呼ぶ男」。 »

あんな歌、こんな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: N.S.Pの大ヒット曲。舞台は磐井川の堤防…:

« ロッキード事件が発覚し、「記憶にございません」が流行語になった昭和51年はこんな年…。 | トップページ | 歌が大ヒットして映画化「銀座の恋の物語」。映画が大ヒットしてレコード化「嵐を呼ぶ男」。 »