« 玉置宏さん司会「ロッテ歌のアルバム」のエピソードを… | トップページ | 今週のイチオシ!~みずいろの雨 八神純子~ »

日活100周年〜青春スター・吉永小百合と日活グリーンライン

戦後の日活を支えたスターのひとりに、吉永小百合の存在がある。
彼女は、昭和35年(1960)に日活に入り、赤木圭一郎の映画に出演後、「ガラスの中の少女」(監督は劇団民芸の若杉光夫)で主演デビューする。
映画デビューは前年の「朝を呼ぶ口笛」(松竹)で、この映画の主演は加藤弘という少年。
彼は、子供向けテレビドラマ「まぼろし探偵」の主役で、小百合とも同ドラマで共演していた。
小百合は、小学校6年の時に、ラジオドラマ「赤胴鈴之助」(1957)に声優として出演。その後、テレビドラマに進出した。
日活では、前出の「ガラスの中の少女」以降、浜田光夫とのゴールデンコンビによる青春映画が、爆発的人気を呼ぶ。
主なものを挙げると、坂本九が出演した歌謡映画「上を向いて歩こう」(1962)、浦山桐郎監督「キューポラのある街」(1962)、小百合のデビュー曲である「寒い朝」が主題歌の「赤い蕾と白い花」(1962)、中平康監督「泥だらけの純情」(1963)、そして、橋幸夫も共演した歌謡映画「いつでも夢を」(1963)などなど、浜田光夫と共演した作品は40を超える。
極めつけは、ベストセラーになった実話の純愛・悲恋映画「愛と死をみつめて」(1964)で当時、大反響を呼んだ。
また、浜田光夫も出演しているが、高橋英樹とのコンビによる川端康成作品「伊豆の踊子」(1963)も彼女の代表作。
当時の映画は、新作であっても上映は2本立て。
そのため、ほとんどの構成が、メイン作品と、プログラムピクチャーといって、レコードでいうB面みたいなサブ作品で組まれていた。
小百合、光夫コンビの初期の作品は、それら低予算のサブ作品用に作られていた。
メインはあくまでも、裕次郎や旭のアクション映画、無国籍映画などが主流。
しかし、これらの作品にも、マンネリ化の波が押し寄せ、映画の斜陽化も相まって、次第に観客動員数が減っていく。
日活創立50周年記念に製作された、石原裕次郎と浅丘ルリ子共演の「銀座の恋の物語」と同時上映した「上を向いて歩こう」あたりから、小百合たちの青春映画に人気が集まっていく。
こうして、小百合、光夫に、高橋英樹(任侠映画「男の紋章」シリーズで主役に)、山内賢、松原智恵子、和泉雅子、田代みどり、渡哲也、西尾三枝子、山本陽子、伊藤るり子など、若い俳優たちを青春映画に起用し、日活グリーンラインと呼んだ。
勿論、忘れてはならない先輩スターたちがたくさんいる。
日活ニューフェイス第一期の宍戸錠をはじめ、葉山良二、二谷英明、長門裕之、川地民夫、待田京介、南田洋子、中原早苗、清水まゆみ、笹森礼子、さらにはアクション映画から青春映画まで器用にこなした第4の男・和田浩治などなど…
そうそうたる俳優陣が、黄金期の日活を支えていた。
そして、私の一番好きな芦川いづみ、裕次郎や旭の映画には欠かせない浅丘ルリ子、裕次郎と結婚し引退した北原三枝の3人は、日活において絶対に忘れてはならない俳優だ。

敬称略

川原和博

docomo、au、softbankのフィーチャーフォンをお使いの方、docomoスマートフォンをお使いの方は下記リンクから配信中の楽曲をご覧になれます。
※一部の機種ではご覧になれません。
→吉永小百合と他の歌手一覧

昭和の青春ポップスはこちら

|

« 玉置宏さん司会「ロッテ歌のアルバム」のエピソードを… | トップページ | 今週のイチオシ!~みずいろの雨 八神純子~ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日活100周年〜青春スター・吉永小百合と日活グリーンライン:

« 玉置宏さん司会「ロッテ歌のアルバム」のエピソードを… | トップページ | 今週のイチオシ!~みずいろの雨 八神純子~ »