« 「スウィングガールズ」などを手掛けた映画プロデューサー、桝井省志さん | トップページ | 日活100周年〜ロマンポルノが遺したものは? »

札幌五輪と連合赤軍・浅間山荘事件があった昭和47年…。

この年の2月に札幌で冬季オリンピックが開催。

スキー70m級(現在のノーマルヒル)ジャンプで金の笠谷幸生、銀の金野昭次、銅の青地清二と日本がメダルを独占。
三人は日の丸飛行隊と呼ばれた。

フィギュアスケートでは、フリー演技で高得点を出すも惜しくも銅メダルだったジャネット・リンが氷の妖精といわれアイドル並みの人気者に。

オリンピックのテーマソングはトワ・エ・モアの「虹と雪のバラード」。

そして、オリンピック閉幕後の19日、浅間山荘事件が日本中を震撼させた。
連合赤軍のメンバー5人が河合楽器の保養所「浅間山荘」に乱入、管理人を人質に10日間たてこもり機動隊と衝突した。

またこの年は、グアム島に27年間潜伏していた元日本兵の横井庄一が帰国。

そして、戦後アメリカの支配下にあった沖縄が日本に返還された。

7月に首相に就任した田中角栄が、日中国交回復をはたす。

これを記念して中国から贈られたパンダのランランとカンカンが上野動物園で公開され大フィーバーに。

一方で、角栄が発表した「日本列島改造論」がキッカケで全国の地価が高騰し、その後の超インフレ時代を招く。

山陽新幹線の新大阪~岡山間が開通し、イベント情報誌のさきがけ「ぴあ」が創刊したのもこの年である。

テレビ番組では、「太陽にほえろ!」や「木枯らし紋次郎」、「必殺仕掛人」などがスタートし高視聴率を獲得。

浅丘ルリ子主演のホームドラマ「三丁目4番地」の主題歌、ビリー・バンバンの「さよならをするために」や、村野武範主演の学園ドラマ「飛び出せ!青春」の主題歌、青い三角定規の「太陽がくれた季節」が大ヒット。

洋画では、アル・パチーノ、マーロン・ブランド共演によるマフィアの世界を描いた「ゴッド・ファーザー」が話題となる。

音楽界では、吉田拓郎が「結婚しようよ」「旅の宿」でヒット曲を出し、アリス、チューリップ、ユーミン、ガロ、五輪真弓などニューミュージック系のアーティストが続々とデビュー。

野口五郎、西城秀樹、郷ひろみが新御三家として活躍し、アグネス・チャン、森昌子がデビューした。

この年の日本レコード大賞は、ちあきなおみの「喝采」、最優秀新人賞には麻丘めぐみ「芽ばえ」が選ばれた。

昭和の青春ポップスはこちら

|

« 「スウィングガールズ」などを手掛けた映画プロデューサー、桝井省志さん | トップページ | 日活100周年〜ロマンポルノが遺したものは? »

昭和史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌五輪と連合赤軍・浅間山荘事件があった昭和47年…。:

« 「スウィングガールズ」などを手掛けた映画プロデューサー、桝井省志さん | トップページ | 日活100周年〜ロマンポルノが遺したものは? »