« 今週のイチオシ!~冬物語 フォー・クローバース~ | トップページ | 今週のイチオシ!~ささやかなこの人生 風~ »

「プレイバック」…昭和41年のヒット曲と出来事

6月29日、羽田空港からハッピ姿の男4人がタラップを降りた。
ザ・ビートルズの来日である。
武道館で3日間計5回のライブを行ない日本中の若者が熱狂した。
当時、武道の試合会場であった場所で初めて、しかも外国人のロックコンサートを開くというので物議をかもした。
しかし、この公演をキッカケに武道館はその後、日本のミュージシャンの聖地となる。
また、7月には日本でも人気の映画”007シリーズ”第5作「007は二度死ぬ」の日本ロケが始まった。
主演のショーン・コネリーの来日に日本中が湧き、丹波哲郎や浜美枝らも出演し話題となった。
洋画ではほかにフランス映画「男と女」が公開され、フランシス・レイ作曲の主題歌がヒットした。
テレビ番組では、NHK朝の連ドラ「おはなはん」(主演・樫山文枝)や朝日新聞の懸賞小説で入選した三浦綾子の小説「氷点」がNET(現・テレビ朝日)系で放映され、ともに40%を超える高視聴率を記録した。
「氷点」に出演した内藤洋子はこれをキッカケに人気女優となる。
さらに、5人兄妹の青春の葛藤を描いた社会派ドラマ「若者たち」(主演は田中邦衛、山本圭、佐藤オリエほか)がフジテレビ系で放映され反響を呼んだ。
主題歌をザ・ブロード・サイド・フォーが歌い大ヒット。
日本テレビ系では学園ものドラマが始まり、前年から始まった「青春とはなんだ」、続いて「これが青春だ」が放映され、中・高校生から熱い支持を得た。
ちなみに主題歌はデビュー時の布施明が歌っている。
また、渥美清や青島幸男が主演した1話完結の連続ドラマ「泣いてたまるか」がTBS系テレビで始まり、高度経済成長期の陰にひそむ哀愁の物語が共感を呼んだ。
多くの脚本家が台本を手がけ、その中のひとり、山田洋次が、渥美清との出会いで、のちの映画「男はつらいよ」につながっていく。
子供向け番組では、円谷英二による特撮SFドラマ「ウルトラQ」が1月に、次いで巨大ヒーロー「ウルトラマン」が7月にTBS系テレビで放映されウルトラマンシリーズが始まる。
アニメでは、イヤミの「シェー!」が大流行した「おそ松くん」(赤塚不二夫・作)や、「ハリスの旋風(かぜ)」(ちばてつや・作)、ライオンの仔レオが活躍する「ジャングル大帝」(手塚治虫・作)、「魔法使いサリー」(横山光輝・作)などが放映され、子供たちはテレビに夢中になる。
音楽業界では、この年の正月映画「エレキの若大将」(東宝)が大ブレイクし、主演の加山雄三が歌う「君といつまでも」「夜空の星」が空前の大ヒットとなる。
ベンチャーズやビートルズの影響を受け、加山雄三の人気も手伝いエレキサウンド旋風が巻き起こる。
この映画にはエレキの神様、寺内タケシも出演した。
エレキブームを反映し、前年デビューしたザ・スパイダーズ「フリフリ」に続きブルーコメッツが「青い瞳」でメジャーデビューし、ザ・サベージ、ザ・ワイルドワンズがデビュー、彼らのバンドはGS(グループサウンズ)と呼ばれるようになった。
フォーク界では、マイク真木の「バラが咲いた」が大ヒットし、一部のマニア向けであったフォークが大衆に広がったキッカケとなる。
また、荒木一郎が「空に星があるように」で歌手デビューを果たし、GS、フォークなどの新しい音楽ジャンルが定着し、日本のポップスの幕開けとなった年といえよう。
歌謡界では、橋幸夫の「霧氷」がレコード大賞を獲り、舟木一夫、西郷輝彦の御三家が活躍。
ほかに、布施明、三田明、園まり、水前寺清子、美川憲一、城卓矢、ザ・ピーナッツ、槇みちるなどがヒット曲を出す。
また、吉永小百合「勇気あるもの」やベンチャーズ作曲で、山内賢、和泉雅子のデュオによる「二人の銀座」が大ヒットした。
そして、山本リンダが「こまっちゃうナ」でデビュー、一躍アイドルとなる。
高度経済成長期の真っ只中、国民生活も豊かになり、自動車(カー)、クーラー、カラーテレビが3Cと呼ばれ、庶民の手の届く範囲となった。
昭和41年は、物質的にも文化的にも時代の変革期を迎え国民が皆、未来に向かって活力ある、躍動感ある、エネルギーにあふれた年ではなかっただろうか。
余談だが筆者の私はこの年、小学校5年生であった。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 今週のイチオシ!~冬物語 フォー・クローバース~ | トップページ | 今週のイチオシ!~ささやかなこの人生 風~ »

昭和史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プレイバック」…昭和41年のヒット曲と出来事:

« 今週のイチオシ!~冬物語 フォー・クローバース~ | トップページ | 今週のイチオシ!~ささやかなこの人生 風~ »