« 「幸福の黄色いハンカチ」は…やはり…この4人 | トップページ | 日活映画「美しい十代」 »

夜霧よ今夜も有難う

先日、BSテレビで、石原裕次郎主演「夜霧よ今夜も有難う」をみた。
昭和42年の作品だ。
周知のとおり、洋画「カサブランカ」の題材をモチーフにしている。
裕次郎は32歳、共演の浅丘ルリ子は26歳位の時の映画だ。
32歳にしては貫禄十分の裕次郎。
現在の30代前半で、こんなに貫禄のある俳優はいない。
現代人は、俳優に限らず、善くも悪くも全体に、若くなったような気がする。
この映画に出演した、太田雅子(梶芽衣子)や伊藤るり子は、当時19か20歳位だろう。
やはり、今の同世代よりも大人ぽく見えたのは私だけか…。
それにしても、裕次郎はカッコいい。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 「幸福の黄色いハンカチ」は…やはり…この4人 | トップページ | 日活映画「美しい十代」 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜霧よ今夜も有難う:

« 「幸福の黄色いハンカチ」は…やはり…この4人 | トップページ | 日活映画「美しい十代」 »