« 山内賢さんの追悼映画に… | トップページ | 「幸福の黄色いハンカチ」は…やはり…この4人 »

舟木一夫さんの出演映画のロケ地・愛知県と岐阜県

舟木一夫さんは来年、デビュー50周年を迎える。
「高校三年生」でデビューしたのは、昭和38年。
当時は、スター歌手になると映画出演の依頼があり、舟木さんは実に多くの映画に出演した。
また、ヒット曲をモチーフにした歌謡映画がたくさん作られた時代。
「高校三年生」も大映で映画化された。
ところで、舟木さんは、愛知県出身。
地元ファンの人が、YouTubeに、面白い企画作品を発表している。
映画「高校三年生」(大映)と「花咲く乙女たち」(日活)のロケ地を探して公開している。
この2本は、愛知県と岐阜県でロケが行われた。
撮影からは、半世紀近くが経っているが、当時の建物や面影が残っている場所も、まだまだある。
過去と現在を比較でき、実に楽しい。
舟木ファンならずとも、これらの映画を観た人には必見。
また、来年早々、地元ファンの人たちが中心となって、一宮市で、2回目の舟木一夫展を開催するとのこと。
1回目は、2010年春に、木曽川資料館で開催された。
舟木ファンにとっては、またまた楽しみであろう。
ちなみに、舟木さん主演の映画は、日活が圧倒的に多い。
「花咲く乙女たち」には、先日亡くなった、山内賢さんも出演している。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 山内賢さんの追悼映画に… | トップページ | 「幸福の黄色いハンカチ」は…やはり…この4人 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舟木一夫さんの出演映画のロケ地・愛知県と岐阜県:

« 山内賢さんの追悼映画に… | トップページ | 「幸福の黄色いハンカチ」は…やはり…この4人 »