« 脅威の台風12号 | トップページ | 公衆電話の存在 »

「三丁目の夕日」第3作は来年1月公開予定

昭和をモチーフにしたヒットシリーズ映画「ALWAYS三丁目の夕日」の第3作が、来年1月21日から東宝系で公開される予定。
今回は、東京オリンピックが開催された、1964年(昭和39年)が時代設定とのこと。
東海道新幹線も開通し、高度経済成長期の真っ只中、日本の目覚ましい発展を海外に示した、誇らしい時代であった。
さて、今回は、どんなストーリーと結末か…今からが楽しみだ。
ちなみに、現在上映中の「コクリコ坂から」は、昭和38年が時代設定である。
この頃の歌謡界では、橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦や三田明らが大人気スターだった。

|

« 脅威の台風12号 | トップページ | 公衆電話の存在 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脅威の台風12号 | トップページ | 公衆電話の存在 »