« 歩行者天国から41年 | トップページ | 日立、テレビ自社生産撤退と合併 »

赤木圭一郎「幌馬車は行く」

8月3日は、語呂合わせで、はちみつの日というらしい。
はちみつは、ご存知のように、ミツバチが花の蜜を巣に集めて作る。
最近では、国産のはちみつが高価のため、中国などの廉価な輸入品が多い。
はちみつといえば、赤木圭一郎、笹森礼子共演で、「幌馬車は行く」(1960年公開)という日活映画があった。
西部劇ならぬ幌馬車で、はちみつを作る花を求めて全国を移動する養蜂隊をテーマにしたもの。
当時の日活は、こうした無国籍風の映画が多かった。
また、「はちみつぱい」というロックバンドや、「ハチのムサシは死んだのさ」という歌もあった。
ミツバチのアニメでは「みなしごハッチ」があった。
そうそう、「蜂のひと刺し」という流行語にもなった、怖〜い発言もありました。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 歩行者天国から41年 | トップページ | 日立、テレビ自社生産撤退と合併 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歩行者天国から41年 | トップページ | 日立、テレビ自社生産撤退と合併 »