« 世界陸上 | トップページ | 花と咲くより、踏まれて生きる、草の心が好き »

世界陸上・フェリックスとフレーザー

オリンピックや世界大会を観ていると、これはと思う選手がいる。
今回の世界陸上。女子400メートルに出場した、アメリカのフェリックス。
彼女は、200メートルの女王だが400メートルの世界大会は初挑戦。
もう一人、女子100メートルに出場した、ジャマイカのフレーザー。
前回の覇者だが、ブランクがあった。
にもかかわらず、今大会では終始、笑顔をふりまいている。
昨夜の決勝戦。二人を応援していたが、残念ながら金メダルならず。
フェリックスは銀。フレーザーは、僅差でメダルを逃して4位。
勿論、福島選手も、準決勝まで進出し頑張った。
このような世界大会では、日本人に限らず、ファンになる外国選手がでてくる。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 世界陸上 | トップページ | 花と咲くより、踏まれて生きる、草の心が好き »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界陸上 | トップページ | 花と咲くより、踏まれて生きる、草の心が好き »