« ブログのテーマと位置づけ | トップページ | 世界陸上・フェリックスとフレーザー »

世界陸上

韓国・テグで開催中の世界陸上。
昨日は、男子100メートル決勝で、ジャマイカの王者ボルトが失格に。
ところで、世界陸上が始まったのは1983年。第1回は、フィンランド・ヘルシンキで行われた。
この時の男子100メートル金は、新進のアスリート、アメリカのカールルイス。
彼は、幅跳びとリレーも合わせ、3つの金メダルを獲った。
当時の100メートル世界記録保持者は、同じアメリカのカルビンスミスが持っていたが、カールに敗れた。
今年をみてると、短距離王国と言われたアメリカが弱くなった。
それに比べてジャマイカは強い。
ボルト失格も、後輩のブレイクが金を獲った。
当面は、ジャマイカが短距離王国か…?

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« ブログのテーマと位置づけ | トップページ | 世界陸上・フェリックスとフレーザー »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログのテーマと位置づけ | トップページ | 世界陸上・フェリックスとフレーザー »