« なでしこの花が咲きました | トップページ | 徳光和夫さんとズームイン朝 »

円高と金の高騰

昨日、円が75円代に突入し最高値をつけた。
アメリカの景気減速懸念やヨーロッパの財政問題などを背景に、安全資産といわれる日本の円へと資金が向かい、円高となっているらしい。
しかし、日本も経済が長期低迷し、長い間、株安が続いている。
なぜ、GDPも下がり、経済が下降している日本国の通貨がこんなに買われるのか、よくわからない。
アメリカのインフレと日本のデフレのギャップを為替が調整するともいう。
世界的な投機筋の流れによって為替が動く。
円高により、さらなる株安を招く悪循環。
また、世界経済の先行き不透明感から、投資が金にも向かっている。
金は、1グラム4500円を超え、こちらも史上最高値を更新中とのこと。
昨今は、世界的な投機マネーが国をも滅ぼす。
恐ろしい時代になった。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« なでしこの花が咲きました | トップページ | 徳光和夫さんとズームイン朝 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なでしこの花が咲きました | トップページ | 徳光和夫さんとズームイン朝 »