« 京都・五山の送り火の松の結末は? | トップページ | 坂本九「見上げてごらん夜の星を」 »

26年前、日航ジャンボ機・御巣鷹山尾根で墜落

昭和60年8月12日、群馬県・御巣鷹山尾根に、日航ジャンボ機が墜落。
520名という多くの尊い人命が犠牲となる。
4名の生存者が、せめてもの救いであった。
犠牲者の中に、国民的歌手の坂本九さんもいた。
ところで、最近は、格安航空会社なるものが外資では何社もでき話題となっている。
人件費を押さえた経営はいいが、くれぐれもメンテナンスや補修には、手をぬかないでほしい。
低価格運賃の競争よりも、安全運航が最優先だから。
8月6日や9日、15日とともに、8月12日も、忘れてはいけない。

|

« 京都・五山の送り火の松の結末は? | トップページ | 坂本九「見上げてごらん夜の星を」 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都・五山の送り火の松の結末は? | トップページ | 坂本九「見上げてごらん夜の星を」 »