« グループサウンズ GS | トップページ | 昭和60年・プレイバック »

「黄昏ダンシング」&「渚の誓い」を起用したドラマ

昭和58年、TBS系で「さよならを教えて」という、編集部を舞台に繰り広げられる恋愛ドラマがあった。
小川知子、古谷一行、古手川祐子、安田成美らが出演。
小川が女性誌の編集長役で、古谷が編集室長の役だった。
編集部のオフィスの設定は、東京湾岸の倉庫を改築したもの。
後の、ウォーターフロントブームのはしりだ。
軽井沢の旧ホシノホテルもロケに使われている。
主題歌は、エア・サプライの「渚の誓い」。挿入歌は、麻倉未稀の「黄昏ダンシング」だった。
古谷一行、小川知子のコンビは、同年から始まったドラマ「金妻」でもお馴染みの顔。

|

« グループサウンズ GS | トップページ | 昭和60年・プレイバック »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グループサウンズ GS | トップページ | 昭和60年・プレイバック »