« ケータイは「軽い、小さい」がコンセプトだったはず | トップページ | 昭和35年から40年頃の夏休み »

湯川れい子さん作詞「恋におちて」創作秘話

「昭和の青春ポップス」のコーナー「この歌への思い」では、毎月、ある作詞家の代表曲を一曲とりあげ、創作の思いやエピソードを綴ってもらいます。
今回は、湯川れい子さん作詞の「恋におちて」。
小林明子作曲・ボーカルで、テレビドラマ「金曜日の妻たち・パートⅢ」の主題歌だった。
電話が、ダイヤルからプッシュホンに変わった時代。
ドラマ主題歌のため、歌詞の書き直しの依頼が何度もあり、苦心のうえの完成…など、湯川さんがいま明かした秘話。ぜひ一読を。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« ケータイは「軽い、小さい」がコンセプトだったはず | トップページ | 昭和35年から40年頃の夏休み »

あんな歌、こんな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケータイは「軽い、小さい」がコンセプトだったはず | トップページ | 昭和35年から40年頃の夏休み »