« ゼロ戦黒雲隊 | トップページ | 韓国・平昌は、フランス・グルノーブルから50年後 »

七夕まつり

7月7日は、七夕。
被災地、仙台の七夕祭りは、今年も開催することに。
但し、例年8月に開催。旧暦採用からか、それとも、東北4大祭りをすべて8月にあわせるためか?
関東や東北の他の町の七夕祭りも、ほとんど8月開催と聞く。
7月は、関東以北の地域は、ほとんどが梅雨の最中だから旧暦採用にしたのか?
私が40年ほど前に一時期いた、東京・福生市も昔から七夕祭りは華やかだった。
首都圏では他に、神奈川県・平塚、埼玉県・入間川、千葉県・茂原、東京・阿佐ヶ谷などが有名。
関西や西日本では、どこが有名でしょうか?
いっそのこと七夕の日を7月と8月の2回にしたらどうなるのかな?
織女と彦星が2回も会える?
話は変わって、七夕の歌で真っ先に浮かぶのは、さとう宗幸作曲「青葉城恋唄」。
作詞は、さとうさんがMCのラジオ番組の投稿作品ですが、名曲です。
そう、「笹の葉さらさら…」の唱歌もありますが、「葉ずれさやけき杜の都…」のフレーズがいい。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« ゼロ戦黒雲隊 | トップページ | 韓国・平昌は、フランス・グルノーブルから50年後 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゼロ戦黒雲隊 | トップページ | 韓国・平昌は、フランス・グルノーブルから50年後 »