« 昭和35年から40年頃の夏休み | トップページ | 牛肉・自由化から放射性セシウム汚染まで »

原発事故は、本当に厄介だ。

福島県だけでなく、稲わら騒動が全国に広がった。
岩手県や宮城県などでも屋外に置いてある稲わらから、基準値を超える放射性セシウムが検出された。
放射性物質が、かなりの遠方まで運ばれたことに改めて驚く。
関東でも千葉県や神奈川県など、ホットスポットはかなりあると聞く。
関西ほかの地域でも、東北の稲わらや乾草を入荷し、牛に与えていたことが発覚。
汚染が全国に拡大した。
過剰反応はよくないが、やはり心配だ。
機敏な対応策をとらないと、風評被害の拡大も心配になる。
原発事故は、本当に厄介なものだ。

|

« 昭和35年から40年頃の夏休み | トップページ | 牛肉・自由化から放射性セシウム汚染まで »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和35年から40年頃の夏休み | トップページ | 牛肉・自由化から放射性セシウム汚染まで »