« 仙台にゆかりのある応援歌・坂本九「ともだち」 | トップページ | 夢見るシャンソン人形 »

1968年のレコード大賞曲

1968年(昭和43年)のレコード大賞受賞曲は、黛ジュンの「天使の誘惑」。
当時は、ビートルズやベンチャーズの影響をうけ、歌謡曲にもエレキサウンドを取り入れはじめた時代。
「天使の誘惑」もそんな楽曲の一つだった。
新人賞には、ピンキーとキラーズ「恋の季節」、矢吹健「あなたのブルース」、久美かおり「くちづけが怖い」の3組が受賞。
レコード大賞の発表が、大晦日(現在は30日)に行われるようになったのは、翌年の1969年からであった。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 仙台にゆかりのある応援歌・坂本九「ともだち」 | トップページ | 夢見るシャンソン人形 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仙台にゆかりのある応援歌・坂本九「ともだち」 | トップページ | 夢見るシャンソン人形 »