« 消えゆく町のレコード店 | トップページ | 幕張の潮干狩り »

既存ケータイのSDカードで貯めた楽曲は、スマートフォンで聞けない!

ケータイでダウンロード(購入)した音楽は、通常、マイクロSDカードで保存できる。
旧来の記憶媒体であるカセットテープやMDのように保存できるのだ。
さて、相変わらず、スマートフォンが、救世主のようにマスコミに頻繁に取り上げられている。
ところが、いま発売中のスマートフォンは、既存ケータイとは、互換性が全くない。
音楽配信もしかり。従って、ケータイで保存したSDカードは、スマートフォンでは利用できない。
ここに問題がある。一般の消費者は、そんなことは知らないのではないか?
マスコミでも、そういうことは、ほとんどとりあげない。
スマートフォンに買い替えたら、今までケータイで購入した音楽がすべて聴けない。なんてことが初めてわかる。
これは、消費者本位の態勢ではない。
もっとも、今までも携帯電話会社間での互換性は全くなかったが。
カセットテープやMDは、ステレオはじめ、カーステレオなど様々なプレイヤーで聴けた。
それは、プレイヤーやソフトの規格が統一され、互換性があったからだ。
だから、消費者は安心して音楽を購入した。
音楽に限らず、どんなモノでも、互換性、汎用性がないと市場は拡大しない。
また、消費者の立場、目線で作らないと、いつか消費者からそっぽをむかれる。
せっかく普及したモバイル音楽ビジネス。一過性のブームで終わらないことを祈る。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 消えゆく町のレコード店 | トップページ | 幕張の潮干狩り »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消えゆく町のレコード店 | トップページ | 幕張の潮干狩り »