« 高橋真梨子 | トップページ | 横田基地と小さなスナックとグッドナイトベイビー »

夢の超特急

昭和39年、夢の超特急が運行開始した。
東海道新幹線、東京―新大阪間の開業である。
いま、リニア中央新幹線が2027年の開業を目指し騒がれている。
なんでも、東京―名古屋間を40分で結ぶらしい。
標高3000メートル級の山山が並ぶ南アルプスを貫通し、ほぼ最短で名古屋に向かう。
いったいどのくらい距離のあるトンネルを掘るのか?
先日、北海道で起きたような、トンネル内火災が発生したときの安全策は万全か?
同じように脚光を浴びている格安航空。その定期的なメンテナンスや検査は万全か?
安全のためのコストを置き去りにしてはいないか?
便利、安価を追求するあまり、安心、安全を軽視していないか、一抹の不安を感じる昨今。
はたして、21世紀の夢の超特急、夢の乗り物とは何か?

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 高橋真梨子 | トップページ | 横田基地と小さなスナックとグッドナイトベイビー »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高橋真梨子 | トップページ | 横田基地と小さなスナックとグッドナイトベイビー »