« 北山修コンサート | トップページ | 舟木一夫その2 »

東京オリンピック

ドコモ着うたフル、今週のランキング1位は、東京オリンピックマーチ。
昭和39年10月10日、国立競技場で開会式が行われ、選手入場シーンにこの曲が流れた。
作曲は古関裕而。50代後半以上の方には、少なからず当時のオリンピックの記憶があることでしょう。
マラソンのアベベ、100メートル競争のヘイズ、柔道のへーシンク、神永、女子体操のチャスラフスカ、東洋の魔女と呼ばれた日本の女子バレーボールチーム、重量挙げの三宅、そしてマラソン銅の円谷幸吉。
みな、懐かしい顔ぶれ。
日本中は、オリンピック一色となり、老若男女問わず、お祭り騒ぎのように湧いた。
何か、未来へ向かって、夢と希望に溢れていた良き時代だったのだろう。
オリンピックにあわせて、新幹線や羽田までのモノレールが開通した。東京では初めてのハイウェイ、首都高も完成した。

|

« 北山修コンサート | トップページ | 舟木一夫その2 »

昭和史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北山修コンサート | トップページ | 舟木一夫その2 »