« 横浜ドリームランド | トップページ | テレサ・テンの日本の父、舟木稔 »

舟木一夫・哀愁の夜

舟木一夫ファンの間で今でも人気が高い「哀愁の夜」。
口笛のイントロで始まり、タイトル通り、哀愁漂う切ないメロディ。
和泉雅子との共演で映画化にもなった。
作曲は戸塚三博。作詞は古野哲也。
10年近く前になるだろうか?
その古野さんとカラオケスナックに行き、「哀愁の夜」を歌った。
いま振り返れば、作者本人の前で下手な歌など、恐れ多く恥ずかしい限りだ。
古野さんは、2006年1月に他界された。
生前、パーティーなどでお会いする度に、いつも笑顔で「よーっ!」と声をかけていただいた。
「哀愁の夜」、今でも好きな歌の一つである。

 昭和の青春ポップスはこちら

|

« 横浜ドリームランド | トップページ | テレサ・テンの日本の父、舟木稔 »

あんな歌、こんな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜ドリームランド | トップページ | テレサ・テンの日本の父、舟木稔 »